PhotoShopをFlashに読み込む(インポートする)JSXとJSFL

以前、某制作会社の技術ブログに投稿していたときのネタがいくつかあり、今でも使えそうなものがいくつかありますので、ピックアップして投稿します。手始めにAdobeのアプリケーションが提供するAPIをJSで実行するスクリプトを作成しましたので紹介します。

内容

PhotoShopをFlashにインポートするスクリプトです。PhotoShopのレイヤー情報を元に、レイヤーごとにPNG画像を書き出し、Flashに配置するためのJSFL(Flash用自動化JavaScript)を書き出します。PhotoShopのグループの階層構造をそのままFlashのMovieClipの入れ子構造としてインポートすることもできます。

こちらをダウンロードしてご利用ください。

使用方法

1) PhotoShopレイヤーがFlashのMovieClip、グループはMCを入れ子に持ったMovieClipとして、そのレイヤー名、グループ名にてインポートされますので、それを念頭に入れてPSDファイルのレイヤーを整理してください。
※レイヤー名、グループ名には、「/」を含まないようにしてください。

20130411_img

2) PhotoShopメニューのファイル>スクリプト>参照から「バナー初期構築自動化.jsxbin」を実行して、自動書き出し処理が開始してください。
処理が終了すると、PSDファイル名と同一のディレクトリが作成されます。
このディレクトリにはPhotoShopから書き出したPNGファイルを含むmaterialsディレクトリと、FLAファイルを自動生成するJSFLファイルが含まれています。

20130411_img02

20130411_img03

3) Flashを起動して、書き出された「layout.jsfl」ファイルをドラッグアンドドロップしてください。
Flaファイルの新規保存ダイアログが表示されますので、適当な場所(PhotoShopで書き出されたディレクトリが妥当)に、保存してください。

4) Flashの自動処理が実行され、画像をインポートしたFlaファイルが生成されます。

20130411_img04